ヘッドランチング 〜 Headwaters流シャッフルランチ 〜

こんにちは、大内です。

今年の春からヘッドウォータースに新しい福利厚生が追加されました。その名も「ヘッドランチング」です!

今回は、シャッフルランチを参考にヘッドウォータース流にアレンジしたヘッドランチングについてご紹介します!

始まりは社内意見箱

ヘッドウォータースでは社員が意見や要望を出せる意見箱があります。会社がより良くなるためのアイデアであったり、新しくやってみたいこと、時には厳しい意見など社員全員が気軽に意見を出す機会となっています。意見箱から実際に実現した例としては、「椅子の買い替え」「書籍購入支援」「1 on 1ミーティング」「副業解禁」などなど今年に入ってたくさんの意見が実現されてきました!

そんな中に「ランチを通して、普段関わらない社員とコミュニケーションを取りたい」という意見があり、これがきっかけとなりヘッドランチングが誕生しました!

管理本部長まで加わりついには福利厚生に

始めは有志メンバーで始まったヘッドランチング運営ですが、始めたらとことんやるのがヘッドウォータース流で、まずは社員全員からこの取り組みの名前を募集したり、ランチメンバーマッチングツールを自作し、多くの社員を巻き込みついには管理本部長まで運営に巻き込みました。そして、さらにはヘッドウォータースの制度としてヘッドランチングを福利厚生にすることまで実現しました!

ちなみに「ヘッドランチング」という名前は社内一の敏腕マーケターからのアイデアが採用され、意味はこんな感じです!

ヘッドウォータース + ヘッドハンティング + ランチ = ヘッドランチング

「自分の成し遂げたい事の為に仲間を募る」と言った意志が隠されている。
ランチをing形にする事で、「今もなお進化している」という意味がある。
昔あった事業部制度の「事業部を作る」時、3名以上の仲間が必要で、
仲間を募る為に、よくコミュニケーションを取りに回っていた。
その姿勢を忘れないでほしいというイメージ。

ヘッドランチングのルール

ヘッドランチングは毎月実施されており、月初めに参加表明すれば誰でも参加できるため若手も中堅もベテランも生産部門も管理部門も毎月たくさんの異色なグループができます!

テーマのある月もあり、8月はなんと新宿から飛び出し丸の内でランチをするのがテーマでした!僕も普段話す機会が少ない方とも移動やランチタイムを通して親睦を深めることができました!

最後は感想をシェア

ヘッドランチングの最後は社内タイムラインで感想をシェアします。お店の感想だったり、グループ内で話し合った話、気づいたこと、感じたこと。なんでもシェアして楽しみを共有しています!

まとめ

以上、ヘッドランチングのご紹介でした。

シャッフルランチの良いところは普段は接点の少ない社員と話すことで他の人の仕事の話、知識、情報を得られたり、はたまた実は趣味が同じだったなどの新たな発見があることだと思います!

是非、みなさんも会社で実施してみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1992年栃木の小山生まれ、横浜在住。福島大卒。 経歴:運用・保守→Webアプリケーション開発→ディレクター。 オウンドメディア運用・社内報運用・勉強会運用に奮闘中。