HWSサミットという名の月次社員総会。

こんにちは、大内です。

令和初!いや、今年初の記事更新です…。

令和は、皆さんにもっとヘッドウォータースを知ってもらえるようにどんどん情報を発信していきたいと思います!

毎月社員全員集まってHWSサミットをやっています。

毎月第3金曜日は “HWSサミットの日” です。

HWSサミットとは社員全員が集まる場でプロジェクトの報告や社長講話、部活動のプレゼンなど自由に社員向けにプレゼンができる場です。

「同じ会社でも、プロジェクトやチームが違うと何やっているかわからない。」
という課題を解決すべく、若手中心のメンバーが運用しています。

社員は月初にプレゼンしたいコンテンツを運営委員にリクエストすれば誰でもプレゼンできます。2時間の開催時間は毎月時間いっぱい埋まります。

例えば、

  • 新卒が研修で学んだことをプレゼン。
  • 社内向けに作ったツールを発表。
  • プロジェクトマネージャーがプロジェクトの苦労話をシェア。
  • 今だから言える昔の失敗談。
  • 産休中の社員からのメッセージ。

などなど毎月毎月内容は幅広いです!

プログラム内容は社内報で告知。

社員限定メディア “HWSマガジン”

イベントのポスターや、チラシにはスピーカーや講師の紹介があったり、概要が記載されていたりでなんかカッコいいですよね。

HWSサミットでもカッコいい社員総会を目指して、社内報でプログラムの紹介しています。スピーカーの写真、概要記載、ちょっとしたエピソードなど、紹介文も1つの楽しみになっています。

スピーカーの紹介文

HWSサミットを通じて知識が広がる。

これは僕が本当に感じていることなのですが、上記でも記載している通り毎月様々なカテゴリの話が聴くことができます。AI技術の話やプロジェクトマネジメント、経営、サービスそして多くの挑戦の話。

参加しているだけでもたくさんの学びを得ることができます!今回は6月のプログラムを一分ご紹介します。

プロダクトマネージャーが伝えるカスタマーサクセス。

Pocket Work Mateプロダクトマネージャー 生井

Pocket Work Mateは、AIやデジタル化を駆使して従業員教育における早期戦力化を支援するサービスです。そして、Pocket Work Mateのサービスを1から作り上げたプロダクトマネージャーの生井が自身の経験や学びのもとカスタマーサクセスについて語ってくれました。

Pocket Work Mateサービスページ

社内の出来事を音楽に乗せてハイライトで紹介。

HWSサミットの名物にもなっているのが、Ventures Groupリーダーの西間木が届けるハイライトです。ハイライトではその月その月に起こった出来事であったり、発足プロジェクトの紹介、活躍した社員の賞賛を某CMで使われている曲に乗せて紹介しています。

このハイライトがあることによって、社員は自分が関わっていなくてもプロジェクトや他のメンバーの動きを知ることができます。

経営戦略や方針を毎月社長自らシェア。

代表取締役社長 篠田

HWSサミットのトリを飾るのは、社長の篠田です。講話の中では経営に関わる話や今後の目指すビジョンを篠田自ら包み隠さず語ります。ヘッドウォータースでは社員の挑戦を推奨するのと同じくらいに情報のオープン化を推奨しており、篠田の話を通して、若手からベテラン関係なく会社の現状や将来について考える場となります。

HWSサミット自体も新しいことに挑戦。

運営委員は毎回振り返り会を行い、改善点や次回の企画を考えています。

過去には、テーマを決めて外部スピーカーをお呼びしたり、12月は会場を変えてスペシャル版を行なったりもしました。

12月のスペシャル版HWSサミット

このように運営メンバーは若手が中心ですが、社員全員が集まる場を有意義な場となるように色々な施策や改善を繰り返しています。


以上、今回はヘッドウォータースで毎月実施している社員総会 “HWSサミット” についてご紹介しました!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1992年栃木の小山生まれ、横浜在住。福島大卒。 経歴:運用・保守→Webアプリケーション開発→ディレクター。 オウンドメディア運用・社内報運用・勉強会運用に奮闘中。