人工知能搭載アプリもMonacaで!国内初!顔認識機能を使って常連客にアプローチするO2Oアプリ「SynApps Tablet」

SynAppsTablet_main

「人工知能を使ってビジネスをよりスマートに展開したい・・・」 とお思いの方は、
多いのではないでしょうか!?

弊社でも、そのようなご相談の機会を多く頂いておりますが、

 ・人工知能を使ってみたいが、どのように活用できるかイメージできない。  
 ・人工知能のアプリ開発のコストや技術に不安がある。

といった、お声を聞くことがあります。

今回は、そんなご意見にお応えする為に、
5月の「スマートフォン&モバイルEXPO」で大好評頂いた、
顔認識型Monacaアプリ「SynApps Tablet」をご紹介致します!

人工知能のMonacaアプリ活用例として、
みなさまの現在運用しているアプリや、 開発中のアプリへのご参考になればと思います♪

expo_synapps_tablet

5月11日〜13日に開催されたスマートフォン&モバイルEXPO アシアル株式会社Monaca出展ブースミニセミナーに、弊社SynAppsTabletエバンジェリスト 伊藤が登壇させていただきました。

人工知能のMonacaアプリへの活用事例 「SynApps Tablet」- 顔認識機能を使って常連客にアプローチ!! –

人工知能のMonacaアプリへの活用事例として、
弊社が構築した 「SynApps Tablet」を例にご紹介していきます。

・「SynApps Tablet」 とは??

SynApps Tabletは、「SynApps Face(シナップス フェイス)」という、
弊社の顔認識エンジンを Monacaに組み込んで構築した、
顔認識機能を使って常連客への接客をする O2Oメニュー型タブレットアプリ」 です。

これによって、今までアプローチが難しかった、
店頭での常連さんに合わせた接客が、実現可能になります。

今までの弊社のPepperを中心とした、ロボットアプリ開発のノウハウを凝縮した
ロボアプリパッケージ「SynApps(シナップス)」でも利用している顔認識エンジンを活用することによって、高機能なパッケージをアプリにも簡単に導入できました。

synapps

SynApps TabletのUIは、よくある居酒屋さんのタブレット型メニューを
イメージいただければ、わかりやすいかと思います!

【こんな課題を解決!】
店頭で常連のお客様へのアプローチができない!?

「広告媒体などを使い、新規のお客様のアプローチ方法はあるのだけど、
よく来てくれているお客様へのアプローチ方法がない。。。」

例えば、個人経営の居酒屋さんやバーであれば、
店長さんやマスターがよくお店に来てくれる常連さんに対して、
「○○さん!今日もありがと。とりあえずいつものいく??」なんて、接客ができるかと思います。

「今日はこれ、サービスするよ!」なんてことも、ありますよね。

しかし、店舗の規模が大きくなり、接客するスタッフが多くなった時に、
そのような個人経営の居酒屋の店長さんやバーのマスターと同じような接客は難しくなります・・・

そのような課題を人工知能を使って解決できないか、というのが今回のテーマになります。

【人工知能を使って課題解決!】
顔認識機能を使って、常連さんに合わせた接客を実現!!

私たちは上記のような課題に着目し、その解決方法として、
人工知能(顔認識)を利用することで、個人経営の居酒屋の店長さんやバーのマスターと
同じような接客を実現しました。

それが、顔認識機能を使ったMonacaアプリ「SynApps Tablet(シナップスタブレット)」です。

では、実際にどのような機能で常連さんへの接客を実現しているのか、
「SynApps Tablet」 のご説明をしていきます。

・「SynApps Tablet」だからできる 4つの機能!

SynApps Tabletでは、主に以下の4つのことができます。

 1. 顔認識して 常連さんを自動判別!
 2. 常連さんならではの 「いつもの」メニューの提示!
 3. 常連さん一人一人に合わせたメニューの提案!
 4. 常連さんだけのお得なクーポンの提供!

1. 顔認識して 常連さんを自動判別!

まず、弊社ロボットパッケージの「SynApps」の顔認識機能(SynApps Face)と連携して、
顔認識を行い常連さんの来店の自動識別を行います。

常連さんのニックネーム、来店頻度、最後に来店した日なども取得できます。

今までのやり方であれば、ご来店いただいたお客様に、
指定のメールアドレスに空メールを送って頂いて登録する方法などがあったかと思いますが、
「SynApps Tablet」を使えば、タブレットのカメラで写真をとるだけで、
ご来店頂いたお客様に手間をかけさせずに、常連さん登録・認識が可能です!

※ 顔が判明できるような明るさであれば一通り認識可能。
(ムーディーな暗い店舗でなければ基本大丈夫です)

SynAppsTablet_face
SynAppsTablet_face2
SynAppsTablet_face3

2. 常連さんならではの 「いつもの」メニューの提示!

常連さんのご来店の都度のメニュー注文情報を蓄積することで、
常連さんがいつも頼むメニューは、「いつもの」から注文することができます。

「まっきーさん!とりあえず、いつものね?」
といった、常連さんならではの接客が可能になります!

こちらは、顔認識時に「いつものメニュー」を取得用の
SynApps Tablet APIと連携して実現しています。

synapps_tablet_itumono

3. 常連さん一人一人に合わせたメニューの提案!

常連さんの趣向、購買履歴、注文履歴を元に、
常連さん一人一人に合わせたメニューをおすすめします。

いつも来ているお客様だからこそ、
「まっきーさんだったら、これがおすすめかな!」を実現できます!

4. 常連さんだけのお得なクーポンの提供!

常連さんだけの他では手に入らない
お得なクーポンをプレゼントすることができます。

「まっきーさん!!いつも来てくれるから、これあげるよ!」
「まっきーさん!いっつもありがとね。今日は、全品半額!!」

など、常連さんだからこその、圧倒的なサービス提供で、
リピーター率を向上することが可能です!

synapps_tablet_coupon

このように、「SynApps Tablet」を使えば、
店頭で常連さんならではのアプローチで接客をすることが可能です!

今回は、居酒屋さんのメニュー型アプリとして提供しておりますが、
レストラン・アパレル・カラオケ・スーパー・家電量販店などに活用ができるかと思います!

デモアプリで実際の動きが確認できますので、
ご興味がありましたら、ぜひお問い合わせください!
(顔認識の精度や接客のイメージを手にとってご覧ください!)

>> SynAppsTabletについての詳細は、こちら ↓
「SynApps Tablet」 – 顔識別して店舗の常連認識を行うアプリ –

活用しているシステムと導入コスト例

人工知能のMonacaアプリへの活用事例として、
弊社が構築した 「SynApps Tablet」を例にご紹介してきましたが、
こちらでは 実際にSynApps Tabletで活用しているシステムと導入コストをもう少し詳しくご説明します。

・SynApps x Monaca で、
 人工知能(顔認識)アプリを2週間で構築!?

今回ご紹介させていただきました「SynApps Tablet」ですが、
実は、「ペーパープロトタイピング -> デザイン -> 実装」 を
2週間以内で実現しています!

まずは、ペーパープロトタイプでUI設計をして、ユーザテストを実施した後、デザイン・HTMLのモックを作成します。
そして、Monacaに HTMLを組み込んで、弊社の ロボアプリパッケージ「SynApps」との連携モジュールを導入するだけで実現可能です。

今回は、何人でも顔を覚え、相手に合わせて接客内容を変えられる「SynApps Face」機能と
タブレットアプリとメニュー用のコンテンツの登録と更新を簡単に行える「SynApps CMS」を利用しています。

synapps_face

SynAppsとの連携は、REST API形式で行っており、
Monacaでの人工知能機能の利用も簡単に行うことができます。

>> SynAppsについての詳細は、こちら ↓
「SynApps」- 顔認識、サービス連携、CMS、より賢いPepper体験を可能にする今までにないロボアプリパッケージ –

・SynAppsを活用することで簡単に顔認識とメニュー表示が実現できます!

事前準備は、2ステップのみです!

 1. SynApps CMS で アプリ登録!
 2. SynApps CMS で メニュー登録!

SynApps CMSで、タブレットアプリ登録をしたのち、同じくSynApps CMSから、
メニューを登録するだけで、「常連さん認識」「いつものメニュー」「おすすめメニュー」などの
機能が利用できるようになります。

synapps_howto_1 synapps_howto_2

まとめ

いかがだったでしょうか??
今回は、顔認識機能を使って常連客にアプローチするO2Oアプリ「SynApps Tablet」で、
人工知能搭載のMonacaアプリをご紹介して参りました。

 「人工知能を使ってみたいが、どのように活用できるかイメージできない。」
 「人工知能のアプリ開発のコストや技術に不安がある。」

といったお悩みを解消するヒントとなれば、幸いです!

現在運用しているアプリや、開発中のアプリへにも、
簡単に人工知能が組み込むことができますので、是非今回の事例を参考にいただければと思います!

SynAppsを使ってみたいといった開発会社様も是非お問い合わせください!

>> SynAppsTabletについての詳細は、こちら ↓
「SynApps Tablet」 – 顔識別して店舗の常連認識を行うアプリ –

>> SynAppsについての詳細は、こちら ↓
「SynApps」- 顔認識、サービス連携、CMS、より賢いPepper体験を可能にする今までにないロボアプリパッケージ –

次回は、実際にMonacaとSynApps連携の実装部分や、
SynApps CMSでの運用フローなどをご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

主に、女性向けのWEBサイトやスマホアプリの新規サービス構築に従事。自ら企画をして、数々のサービスやアプリも立ち上げている。企画・開発からプロモーションまで幅広く活躍。2009年、株式会社ヘッドウォータース入社。 / リーンスタートアップ / AI / 画像解析 / GoogleBigQuery / ライフログ / ヘルスケア / ファッション / ビューティ / Misfit / SynAppsTablet / Monaca / エバンジェリスト