【Cocos2d-x】 Androidアプリ開発環境構築まとめ 【Windows】 その2

cocos2dxhttp://jp.cocos.com/

前回に引き続き、Cocos2d-xでの開発環境構築とapkファイル作成までの道のりを紹介します。

今回は、いよいよapkファイルを作成します。


Cocosプロジェクトの作成

では早速、Cocosプロジェクトを作成していきます。

任意のディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行して新規プロジェクトを作成します。

cocos new sampleproject -p jp.co.sample.project -l cpp
sampleproject        :プロジェクト名
jp.co.sample.project :パッケージ名
cap-003

新規プロジェクト作成の詳細は、以下を参照してください。
http://cocos2d-x.org/wiki/How_to_Start_A_New_Cocos2D-X_Game

無事に「sampleproject」という名前でプロジェクトが作成されました。


ビルド

プロジェクトを作成すると、皆さんお馴染みの「Hello World」がありますので、
ビルドして、apkファイルを作成していきます。

プロジェクト配下に「proj.android」というフォルダがあるかと思います。
コマンドプロントで「proj.android」配下に移動し、以下のコマンドを実行します。

> python build_natibe.py

実行後、ビルドが開始されます。

初回のビルドは、少々時間がかかります。
気長に待ちましょう。
cap-004

成功すると上のような感じです。


apkファイルの作成

ここまでは順調。
続いて、apkファイルを作成していきます。

今回は、antを使用してapkファイルを作成していきます。

ビルド実行時と同じディレクトリで、以下のコマンドを実行します。

> ant debug -Dsdk.dir=%ANDROID_SDK_ROOT%

すると、
cap-005

失敗。。。
build tool のバージョンと、プロジェクトのビルドターゲットのバージョンが違うっぽい。
「proj.android」配下の「project.properties」のビルドターゲットを修正します。

# Project target.
target=android-21

ついでに、「AndroidManifest.xml」の”minSdkVersion”も修正します。

<uses-sdk android:minSdkVersion="11"/>

変更後、再度実行。
cap-006

あれ、また失敗。
微妙にエラー内容が違う。。。

cocosプロジェクトと、ライブラリもビルドターゲットを指定しないといけないみたい。。。

ということで、「プロジェクト\cocos2d\cocos\platform\android\java\project.properties」を修正します。

先ほどは直接修正しましたが、以下のコマンドでもビルドターゲットを指定することができます。

> android update project --target android-21

再び実行。
今度こそ・・・。

「BUILD SUCCESSFUL」が表示されたので成功したっぽい。

こんな感じになります。
cap-007

これで、apkファイルが作成されているはず。

「sampleproject-debug.apk」が、proj.androidのbin配下に作成されています。

実際に端末で起動してみると、
cap-008

こんな感じです。
以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。