もう、地下鉄でテストしなくても良い!!インターネットに接続しずらい状態がシミュレートできるiPhoneの設定!!

ss

地下鉄や山奥や地下の居酒屋で、iPhoneアプリをいじってると、
インターネットから情報を読み込むのにめちゃくちゃ時間がかかるときってありますよね!!
あれは、本当困りますよねー。

あの状況って開発者としては、やっぱり対応してあげないといけないですよね!!
ですよね!!?

そんなとき、どうやってテストします!!?
山奥に行きますか!!?
地下鉄に乗り込みますか!!!?

それ、iPhoneの設定からシミュレートできるんですよ!!

設定のしかた

1. 設定>デベロッパ

ss1

 

2. デベロッパ > Network Link Conditioner : Status

ss2

 

3. オン!!!!

ss3

 

あとは、下のネットワークの状況を選択すれば、その状態がシミュレートされます!!
本当たすかりますよ。ありがとね。Apple。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

主に、WEBサイトやスマホアプリの構築に従事。新たな技術を積極に取り入れ、プロジェクトに貢献。テック系の情報などにも精通しており、世界で通用するスーパーハッカーを目指している。2009年、株式会社ヘッドウォータース新卒入社。 twitter: @yujiroarai qiita: @yujiroarai