開発合宿のススメ 〜合宿をやるべき3つの理由〜

th_IMG_9921

みなさんこんにちは!
HWSの数少ないデザイナー、おすぎです!

■開発合宿?!
さて、いきなりデザインとは全然関係ないのですが、
みなさんは開発合宿をやったことがありますか?!

実はこないだの3連休を利用して会社のメンバーと
「開発合宿2013 in 伊豆@修善寺!!」に行って来ました!

私の事業部では毎年開発合宿をやってるのですが、
今年は他の事業部も巻き込んで実施しました!

楽しい!これはぜひやるべき!
ということで合宿のメリットを3つご紹介します。

971351_619505498069172_1870907029_n出発前からこのテンション!

■理由その1「貯めこんでいたアイデアを実行できる」
エンジニアさんやデザイナーさんなら、
誰でも自分のアイデアを貯め込んでいるいるのではないでしょうか?
しかし、アイデアを具現化しようと思っても日々の忙しさで中々実行に移せないもの。
そこで開発合宿です!!
合宿ならとにかく集中して、自分のアイデアを形にする事に没頭できます。
「合宿期間内に絶対に完成させる。」という目標も出来るため
ダレる事も少なく開発を進めることができます。

17620_619505914735797_1118377702_n

■理由その2「チームワークを強化できる」
仲間が普段は別々の会社・チームで一緒に開発ができない、
というかたも多いのではないでしょうか?!
開発合宿は泊まりのため、
同じ釜の飯を食い、24時間共に過ごす事になります。
必然的に仲間との絆も強くなりますし、
日常業務では試せないチームワークのテクニックを
試す場としても良い機会となるでしょう。

th_IMG_9853

理由その3「興味のある技術や最新のトレンドを試せる」
たとえば流行のフラットデザインとか、
普段の業務で使用する機会はまだまだ中々ないのではないでしょうか?
開発合宿なら業務では使用することのない技術やトレンドを取り入れて開発することができ、
新たなスキルを身に付けるキッカケになります!
もっと欲を言えば、仲間との情報交換もできると良いですね。
意外な発見や、新たな道が拓けるかもしれません。

番外編1:「カブトムシが捕れる!」
今回は伊豆まで足を伸ばしたのですが、
開発の合間に森へ繰り出してカブトムシ狩り三昧でした!
開発とは関係なくてごめんなさい。笑
でも開発の合間に息抜きで自然と触れ合えるのは、
案外開発の質とスピードを高めるかもしれませんね。

th_IMG_9904とにかくいっぱい捕れる!少年の心を取り戻しました。笑

■番外編2:合宿所探しにはIT健保がオススメ!
IT企業のみなさまならご存知、IT健保の割引特典が受けられます。
これが意外と安く済ませられるので使わなきゃ絶対損です!!!!
眺めてみると、そこそこ豪華な施設がかなりの安さで利用できます。

保養施設 | [ITS]関東ITソフトウェア健康保険組合
http://www.its-kenpo.or.jp/shisetsu/hoyou/index.html

IT健保に加入している人のみにしか適用されないようなので、
ご家族など同行する際は注意して下さいね。
いかがでしたでしょうか?!
観光するもよし!
BBQするもよし!
宴会するもよし!
ブログのネタにするもよし!
合宿にルールを設けてチーム対抗で開発するもよし!
工夫しだいで楽しく、意義のある合宿になると思います!!
ぜひお試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。