海外赴任3週間目の気持ちをまとめてみた。

カンボジアに常駐を始めて、はや3週間。
こんにちわ。石村です。

約1年という長期の常駐予定ではあるが、ぼんやりしていれば、仕事と生活に追われているうちにあっという間に過ぎてしまうだろう。
ちょうど少し生活に慣れてきたところであるが、目標達成に向けて、自己の成長に向けて、改めて気を引き締めて行こうと思う。

仕事について

ウチはカンボジアに子会社を持っている。
これからの成長が非常に楽しみな会社だ。

私の目的は、1年間でこの子会社をウチの自慢の武器となるよう、体制と連携を構築することである。
現地にて日本人社員は私だけであり、まだ創業期であるため会社として決まっていない事もある。

エンジニアとしての判断だけでは無く、あらゆる面で自分で考え決めなければならない。

それが何より面白く、非常に厳しいと感じている。
とにかく、経験が無い事だらけの状況。

やったことが無い事をどうやって解決していけばいいのか。

英語について

海外での仕事となると、やはり「英語は大丈夫なの?」のように心配してくれる人がいるが、
難しいのは「言葉」よりも「仕事」だと、最近強く感じる。

私の英語力は本当の本当にまるで駄目なレベルなのだが、
話したい事、伝えたい事があるならば、身振り手振りとホワイトボードを使って全力でぶつかっていけば、だいたいちゃんと通じる。

気合いでコミュニケーションを取る気になれば、最近は一緒にご飯を食べにいって雑談で笑い合えるようにもなった。(分からないところもまだまだあるが…)
そういった言葉の問題よりも、やったことの無い仕事に対して予定を作り段取りを行って調整していく方が遥かに難易度が高い。

逆に言うと、海外での仕事に興味を持っているものの、「言葉」の壁に自信が持てずにチャレンジに抵抗がある人は、是非チャレンジしてみたらどうかと感じる。

海外で生活を始めた事で、英語はすごいツールだと改めて思う。
少し単語を知っているだけで、色々な国の人とコミュニケーションが取れる。

違う文化に触れる事が出来る。

それだけで自分の視野が広がっていき、将来の糧になっていくように思える。
この今の新鮮な気持ちを忘れず、1年を頑張って走り抜こう。

cambodia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。